会長のあいさつ|日本穀物科学研究会ホームページ

日本穀物科学研究会
日本穀物科学研究会

会長のあいさつ

日本穀物科学研究会
●ご挨拶

 平成26-27年度の日本穀物科学研究会会長をつとめることになりました。よろしくお願いいたします。
 本会は昭和49年に関西穀物科学研究会としてスタートし、今年でなんと40年目を迎える息の長い会で、主に関西を中心にこれまで活動してきました。その後、日本穀物科学研究会として日本全体の穀物関連の研究会へと幅を広げました。関連の姉妹団体としては、関西の日本穀物科学研究会に対し日清製粉(株)つくば穀物科学研究所が中心になるAACCI Japan section(AACC International 日本支部)があり、関東における穀物科学研究会を進めております。AACCI Japan sectionは、日清製粉(株)つくば穀物科学研究所柘植宣孝所長がAACCI Japan sectionの会長で、小生が副会長であるということから、 本会とは2年に一度ジョイントの講演会を進め、来年には第3回のジョイント講演会をすすめる予定です。会も電子化がすすみ、電子ネットが本会には重要な役割を果たし、会員との連絡にはネットワークを大いに利用し、低コストで効率よく情報公開を進めたいと考えています。
瀬口会長
 世界の穀物科学はこれまでの穀物生産量の増加、そのための穀物自体のサイエンスに重点が置かれてきましたが、近年、穀物と栄養という、ヒトの健康への穀物の影響に大きな関心が集まってきました。日本人にも肥満、糖尿病などの問題がありますが、欧米人の体格、肥満の現状は深刻な問題となっています。こうした観点から、その食べ物と体の関係は極めて深刻な問題です。特に我々の関心深い小麦粉、デンプン、グルテンタンパク質等の栄養的問題です。全米、カナダでたちまち130万部突破というウイリアム デービスの「小麦は食べるな」、やはり日本でベストセラーとなっている夏井睦の「炭水化物が人類を滅ぼす」などにあるように穀物への考え方が大きく変化しつつあります。これまでの食料(穀物)不十分な時代から豊食の時代になり、次にはこの食料(穀物)のもたらす健康への問題提起が時代の大きな流れです。食べられなかった時代から食べられる時代にかわり、それに伴って穀物の与える肥満、糖尿病などの生活習慣病の問題です。難消化性デンプンの開発、多糖類の不消化性利用、GI (Glycemic index)のこと、グルテンタンパク質によるアレルギー、セリアック病、グルテンフリー化食品の問題、幾多の研究テーマが毎年のAACCI、ICCなどの世界の最先端穀物科学会の重要なテーマとしてあがってきています。これらの問題はすなわちわが日本穀物科学研究会の大きな問題でもあり、大いに関心を持たねばなりません。本会ではいち早くこれらのテーマを取りあげ、将来の穀物研究、ビジネスの問題へと発展させてゆきたい。さらに将来の穀物とは何か、新たな問題を提起し、それに伴った重要な研究テーマの問題、企業に置ける将来の方向性なども考えてゆきたい。
 この2年間はこれら穀物と栄養との問題について考えてゆきたいと思っています。

日本穀物科学研究会
会長  瀬口 正晴

日本穀物科学研究会